借金の保証人を頼まれた時

これまでに連帯保証人になって欲しいと言われた経験がある人も少なくないと思いますが、それとは反対で住宅を購入するなどの理由から自分自身が保証人を探した経験がある人も多いと思います。

 

住宅ローンやマイカーローンなどで保証人が必要になる場合は目的がしっかりしているなどの理由から保証人をお願いする場合もまだ頼みやすいと思いますが、これが目的の有無に関わらずお金の借り入れや返済を行うことができるキャッシングになってくると理由を明確にしないと頼みにくく、反対に頼まれた際にサインをするのに抵抗感を覚えます。

 

保証人の役割は借金を返済することができなくなった場合、代わりに借金の保障をしてもらう人のことですが、お金を借りている人が自己破産による債務整理をして債務の返済義務が無くなるとそこで終わりではなくすべての債務請求が保証人に届くようになります。

 

借金の金額がそこまで多くない場合は代わりに支払うというのも選択肢としてありますが、あまりにも自分の貯金や収入からかけ離れてしまっている場合は自力で返済することは難しいと思います。

 

この場合は保証人と債務者が同時に自己破産で債務整理をするという方法がベターであり、保証人からすると自分でした借金ではないにも関わらず債務整理をすることに対して腑に落ちない部分もあるかもしれません。

 

しかし、保証人になるということはそれだけ重大な責任を背負う必要があるということを十分に認識した上で保証人を考えることが大切です。

 

 

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。