債務整理後にクレジットカードがないと困る!どうする?

債務整理後のクレジットカードについて説明する男性

今のご時世、クレジットカードに依存して生きている人は多いと思いますが、単にショッピングのために使用するというだけでなく携帯電話の料金支払いや公共料金、税金などの支払いも可能になっているため、様々な料金の支払いに対してもクレジットカードは有効に活用することができます。

 

しかし、クレジットカードを発行してもらうためには信販会社に申し込みをして然るべき審査を受ける必要がありますが、これに通過しないことにはいくらクレジットカードを保有して使用したくても手に入れることができません。

 

また、クレジットカードに付随して発行してもらうことができるETCカードについても発行してもらうことができなくなるため、高速道路を頻繁に運転する人からすると料金所でいちいちお金を支払う必要があるので手間に感じると思います。

 

基本的に債務整理をした後だとクレジットカードを発行することは難しくなりますが、ブラックリストから名前が除外された後だと会社によってはクレジットカードを発行してもらえる場合があります。

 

また、クレジットカードを発行することができた場合に定期的な利用をしてきちんと返済をしていると全く利用しない場合よりも信用度は高くなるので、今後新たにクレジットカードを発行できる可能性はより高くなります。

 

ただし、債務整理の有無に関わらずクレジットカードを発行する信販会社によって審査の条件は異なっているので債務整理をしてないから利用できるということではありません。

 

 

 

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。