債務整理後の住宅ローン利用|審査に通るのか?

債務整理後の住宅ローンについて説明する男性

債務整理をすることによって抱えている借金問題を解決することが可能ですが、借金問題が片付いて終わりでは借金をした人が考え無しに債務整理を行うような流れが生まれてしまうため、様々な罰則を設けて借金整理に頼る人が増えてしまうのを抑制しています。

 

債務整理には色々な種類がありますが、共通しているのはブラックリストに名前が掲載されてしまうという点であります。

 

ブラックリストに名前が入ってしまうと金融機関の共有する情報になってしまうため、例え消費者金融で借りたお金に対して借金整理をしたのであっても、新たに銀行や信販会社からお金を借りようと思っても新規で借りることはできなくなります。

 

 

金融機関側はリスクを抱えてまで無条件にお金の貸し出しをする必要はないため、貸し出す相手の信用情報を参考にしながら検討することになりますが、その時にブラックリストに名前が載っていると貸し出す気は起らないことは想像しても分かると思います。

 

そのため、残念ながら債務整理をした後は住宅ローンを組める可能性は限りなく低くなるため、新たに住宅を購入したくてもローンを組むという選択肢は閉ざされてしまいます。

 

 

ただし、貯金がまとまってある場合や収入が安定してある場合などブラックリストに名前が入った時点から考えて環境や状況が好転しているのであれば、条件によっては住宅ローンを利用できる場合があるので住宅ローンを100%利用できないという話しではありません。

 

 

賃貸物件への入居の可否

債務整理後の賃貸契約について説明する男性

債務整理をすると必ずブラックリストに名前が入りますが、このリストは信用情報機関というところで管理されているリストで、様々な金融機関がローンの審査を行う際に信用情報機関に登録されている情報を引き出すことになります。

 

借りたところで再びお金を借りることができないのはもちろんのこと、全く関係のない金融機関でも借り入れの条件をクリアしているにも関わらず新しく借り入れができない場合があります。

 

ブラックリストに名前が掲載されてしまうと、単に金融機関のローンサービスを利用することができなくなるだけでなく様々なデメリットが付いて回るようになりますが、そのデメリットの一つとして賃貸物件への入居を考えている場合に入居ができないことがあります。

 

部屋を貸し出す管理人からすると新しく入ってきた人に避けてもらいたいのは家賃の滞納であるため、ブラックリストに名前が入っていると収入がそれなりにあったとしても部屋を貸し出す側はどうしても抵抗感があります。

 

こうした状況になることを考えると債務整理をする前に部屋探しをして入居はしておきたいものですが、債務整理をした後でも入居が可能な物件というのもあります。

 

もしブラックリストに名前が入ってしまって入居審査に落ちている状態が続いているのであれば、債務整理者でも借りられる物件を中心に探していきましょう。

 

また、入居審査は単に信用情報だけがメインになって審査が行なわれるわけではないので、審査に落ちる理由は他にもある可能性があります。

 

債務整理が分かるトップページへ戻るあなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの対処法、どうしても返せなくなった時にどうしたら良いのかを紹介しています。